本文へジャンプ
 
シンセー機販株式会社     表面処理をトータルに

本社・厚木営業所
TEL
046-228-7671

袋井営業所
TEL
0538-43-0809

加圧浮上装置『FSA型』は、浮遊物質やエマルジョン化
している動植物性油脂、鉱油などに凝集剤を添加、
加圧水を付着させることによりフロックを形成し、短時間で
浮上分離・除去をいます。
各種工場の生産工程、水産食品製造加工工程中より
排出される廃水の処理には特に優れた効果を発揮します。
【FSA−20型】

型式 FSA−5型 FSA−10型 FSA−15型 FSA−20型
処理量 5m3/Hr 10m3/Hr 15m3/Hr 20m3/Hr
加圧浮上槽 5m3 10m3 15m3 20m3
凝集反応槽 3.3m3 6.7m3 10m3 13m3
加圧ポンプ 2.2KW 3.7KW 3.7KW 3.7KW
コンプレッサー 0.4KW 0.75KW 0.75KW 1.5KW
総使用電力 約4.5KW 約6.8KW 約7.0KW 約7.7KW
機体寸法 9200W×6200LX5800 10300Wx6500Lx5800H 10900W×6800L×5800H 11000W×7000L×5800H


処理量につきましては、廃水の種類・濃度により異なりますので機種の選定は弊社営業へ
ご相談ください。
脱水機につきましては、オプションとなっておりますので、弊社営業へご相談ください。
凝集沈殿装置に比べ、コンパクトな設計です。
動植物油脂類を効率的に除去します。
レーキ装置により沈殿汚泥の蓄積がありません
自動運転により人手がかかりません
ランニングコストを大幅に低減します

1. 加圧浮上処理装置は、凝集処理、加圧機構、浮上分離部より構成されています。
2. 廃液槽に流入した廃水は均一に攪拌され計量槽で定量に調整して反応槽へ送り込みます。
3. 反応槽、調整槽、凝集槽にて最適な凝集剤を選定し添加します。
4. 反応槽、調整槽では、それぞれPH信号にて薬剤の添加量を自動制御します。凝集助剤は定量添加
します。
5. 凝集された液に加圧タンクで生成した加圧水をミキシングさせた後、加圧浮上槽へ送ります。
6. 加圧浮上槽ではスカムと処理水に分離され、スカムはレーキで集泥され汚泥貯層、脱水装置へ、
分離液は次工程へ送られます。

廃水処理装置 ラインナップヘ

分析テスト依頼・機械仕様のお問合せはこちらから

上記仕様はことわりなく変更する場合がありますので、お問合せください。