本文へジャンプ
 
シンセー機販株式会社     表面処理をトータルに

本社・厚木営業所
TEL
046-228-7671

袋井営業所
TEL
0538-43-0809

バクテリアを育てる接触材(バイオモジュール・波板状接触材)に直接汚泥菌を付着させ増殖させる
微生物処理法です。従来法に比べ
余剰汚泥の発生が少なく低ランニングコストを実現します。
【SKO−2型】 【SKO−8型】
【SKO−15型】
【曝気槽(DBレースによる接触酸化)】

型式 SKO−8型 SKO−15型 SKO−20型
処理量 8〜15m3/day 15〜30m3/day 20〜40m3/day
接触酸化槽 8m3 15m3 20m3
沈澱槽 1.0m3 2.0m3 2.5m3
中和剤槽 0.1m3 0.2m3 0.2m3
ブロワ 1.5KW 1.5KW 2.2KW
付属設備 PH計、DO計 PH計、DO計 PH計、DO計
総使用電力 約2.4KW 約2.4KW 約3.1KW
機体寸法(mm) 3600W×2200L×3100H 6000W×2200L×3100H 8200W×2200L×3100H
処理量につきましては、廃水の種類・濃度により異なりますので機種の選定は弊社営業へ
ご相談ください。


汚泥の捕捉能力と定着性が抜群
水流に対する抵抗が小さくスムーズな流れ
ろ床閉塞が生じない
除去率が高い
容積負荷が大きい
維持管理が容易
【DBレース】
(接触材)浸透
【バイオモジュール】 【波板状接触材】
1.

前処理済液を一旦調整槽に受け入れ、濃度の調整を行ないます。又、腐敗防止のためエアー攪拌
を行ないます。
2. 調整槽の液は廃液ポンプで汲み上げられ、計量槽で調整後2槽式接触酸化へ入れます。
3.

接触酸化槽には汚泥菌を保持するための接触材(DBレース)が組み込まれ、二段曝気により汚泥菌
を安定させると共に流出を防止しています。
4. 酸化槽内の溶存酸素を管理するためにDO計を設置してます。溶存酸素不足時は異常を表示します。
5. 酸化処理された廃水は沈殿槽により剥離した汚泥菌や固形分を分離し、上澄水は放流又は三次処理
工程へ送ります。一方沈殿した汚泥は脱水設備へ送り処理します。

負荷変動に強く、浄化能力が高い装置です。
コンパクトなユニット設計です。
脱窒素が可能です。
計器により維持管理がきわめて簡単です。
ランニングコストを大幅に低減します。
他機種との汎用性に適しています。
廃水処理装置 ラインナップへ

分析テスト依頼・機械仕様のお問合せはこちらから

上記仕様はことわりなく変更する場合がありますので、お問合せください。